「2013年7月」のアーカイブ

兄弟のありがたさを感じました


私事ですが、先日母の手術がありました。

母の兄弟のおじちゃん、おばちゃんが朝早くから集まってくれました。

手術前のドキドキで緊張していました母の嬉しそうな笑顔に私も安心です。

何よりのカンフル剤ですね。

元気な時は、それぞれの家庭があるので、あまり集まることもないもので、それぞれの近況を話しているおじちゃんやおばちゃんの話に、

手術が終わるのを待つドキドキの私たちの気持ちもまぎれました。

私たちの小さいころの話にもなり、とても懐かしく。おばちゃんが作ってくれたハンバーグを思い出し、とても食べてみたくなったり(^.^)

順調に手術が終わり、部屋の戻ってきた母を見て、みんなでほーっと笑いあえた瞬間は、本当にうれしいものですね。

 

これからは時間薬。少しずつ良くなっていくことと思います。

おじちゃんたちは「また、顔見せるけんね」と、入院中の母がさみしくならないように、また元気になるようにエールを送ってくれるようです。

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 西条情報へ

とてもうれしい日でした☆お祝い会をしました(^.^)


今日は、成婚が決まったカップルのお祝い会をしました。

とても、うれしい私たちのご褒美の時間です(^.^)

ちょっと、インタビューをしましたよ。

 

☆お互いの良いところは・・

彼「自分のことを思ってくれるところ」

彼女「言葉にできないです・・」 (いざっていう時はきちんとリードしてくれる、優しい・・などなど、後からどんどん出てきてましたよ)

☆入会したきっかけ

彼「イベントに参加した後、しあわせたまごについて教えてもらって、それもありだと考えたので」

彼女「結婚を見据えたきちんとした相手と向き合いたかったときに、お母さんが広告をさりげなく出してくれたので・・」

とにかく二人でいてまったく違和感がなく、安心できるのだそうです。

 

お見合からどれほどの時間も経っていない二人ですが、気持ちを決められた二人の、幸せそうな落ち着いた笑顔が

この二人なら大丈夫!!そう確信させてくれました。

お互いを思いやる気持ちがいっぱいの二人は、すでに双方のおうちに挨拶も済まされているそうです。

 

これからも時折、お二人のホットなニュースをいれさせていただきますね。

 

いつものように手だけ出演です

DSCF9455

 

 

 

 

DSCF9459

 

今回は夏なのでガラスの靴に入った ブリザードフラワーです。可愛らしいですよ。(選んだ私が言うなってかな??(^.^))

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 西条情報へ

高年初産について・・・・


今日届いた、「アール・ド・ビブレ」のVol.09の中に高年初産について 新谷ウィメンズクリニックの 新谷院長先生が教えてくれていました。

まとめてみました。

一般的に35歳以上の初産婦さんのことを高齢初産婦と呼ぶそうです。

その具体的なリスクとは・・・

①妊娠高血圧症(以前に妊娠中毒症といわれていた)

②分娩時のトラブル(微弱陣痛、前期破水、軟産道強靭症など)

③加齢による持病の増加(子宮筋腫、子宮癌、糖尿病、高血圧、など)

④胎児染色体異常について(ダウン症など染色体異常、一般的に35歳で約350分の1、40歳で100分の1と言われる)

以上のように35歳を過ぎてくるといろいろなリスクが高まってきます。ですから、20代で結婚分娩するのが望ましいそうです。

ただ、社会環境の変化などで仕方ない面もあり、また経済的、精神的に安定しているというメリットもある。

高齢主産でも安産の方もたくさんいるので、正しくリスクを理解したうえで、体調管理をして穏やかな妊婦生活を送ることが大切だと書かれていました。

・・・

本来、新しい命を迎えることはとてもうれしいことです。少しでも不安を少なくして、妊娠出産を喜び合いたいものですね。

社会の環境の変化もさることながら、人の体はそれほど大きく変わってはいないのではないかと思います。

妊娠して出産することは、女性だけに与えられた力です。これまでも、これからもそのことは変わらないはず。

本来見つめなくてはいけない、本質を見逃さないように、忘れないようにしていきたいものだと思いました。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 西条情報へ

8月は婚活月間です☆第1回 親御様の「釣書交換会」開催


はや7月も半ばを過ぎました。

遠方に行かれている子供さんが帰省する時節となりましたね。

普段なかなかお会いすることが出来ない子供さんと、お話しする良い時間がやってきました!

そこで8月を婚活月間としました。

そして今回新しい試みとして、親御様の釣書交換会を開催いたします。

☆ 日 時:8月25日(日)、26日(月) 14:00~16:00

☆ 場 所:しあわせたまご

☆ 参加費:お一人様2000円(お二人でご参加の場合は1000円追加となります。)

☆ ご準備いただくもの:お子様の釣書・お写真・親御様の身元確認ができるもの

完全ご予約制となっておりますので、前もって必ずご連絡ください。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 西条情報へ

お見合いの立ち会いに行きました。


昨日はお見合の立ち会いに行かせていただきました。

他の相談所の男性と当会の会員さんとのお見合でした。

とてもマメな男性で、お見合いの場所に下見に行って、食事の予約も入れておいてくれてました。

また、とても暑い日だったので、

「食事してからどこかドライブに誘いたいけど、暑いので気の毒で・・・どこかご案内できるいい場所はありますか?」

と、聞いてくれたり。なかなかできる気配りではないですよね。

 

少し私が質問させていただいたことに、一つ一つ丁寧に答えくれる姿勢は真摯でとても好感が持てました。

決して私が怖いから・・・などと言わないでくださいね(^.^)

お引き合わせをした後その場を後にしたのですが、

彼はきっとこれかすてきな家庭を持ち、いい旦那さん、いいお父さんとなるんだなと、思いました。

 

私は自分の会員様以外にも他の相談所の会員さまともこうしてお見合を通してお会いすることが出来ます。

いろんな出会いの中でいろんな学びをさせていただきます。

本当にありがたいことですね。

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 西条情報へ

とてもうれしかったこと・・・結婚の報告に来られました☆


昨日、「今から行っていいですか?」と、会員さんからお電話がありました。

「何かあったかな・・・?」と、少しドキドキしながらお待ちしていますと、お二人一緒に事務所に来てくれました。

お二人一緒に姿を拝見するのは、お見合い以来ですが、とてもしっくりと様になっています。

「将来に向けて二人の気持ちが決まったので、報告に来ました。」と、彼がゆっくり話してくれました。

聞けば毎日のように会って、お互いの環境、考え方などなどいろんなことをいっぱい話したそうです。

まるで、3年前から知っているかのような気がするくらい、一緒にいて違和感がないそうです。

・・・お互いが安心できる場所を見つけることができたんですね。

しっかりとした口調で、自分たちのこれからについて教えくれました。

とてもまじめなお二人は、きちんと考えいらっしゃいました。

安心です。

お二人なら大丈夫。きっと温かい家庭を作っていかれると思います。

お二人とも、私たちの自慢の会員さんです。これからもずっとその思いは変わりません。

昨日は本当にうれしくて温かい時間をプレゼントしてもらえました。

また、笑顔で頑張ることができます。

 

本当にありがとうございました(^.^)

また、顔を見せてくださいね。ずっとずっと、私たちの家族です。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 西条情報へ

結婚と出産に関する全国調査・・・国立社会保障・人口問題研究所様より


先日、上記の14回の調査(2010年)はとても興味深いものでした。

様々な角度から、夫婦をとらえてました。

結婚年齢や出会いの年齢やきっかけ、交際期間、結婚のきっかけや子供の数、不妊や流産のこと、子育てのこと、結婚・家族に関する妻の意識と、項目別に数字が出ていました。

少しだけ、ご紹介します。

・出会いのきっかけ

2010年は、職場、友人やきょうだい、学校を通じた出会いが7割で、純粋なお見合いでは、5.2%。

お見合いは、1982年では約30%であったことを思えばこの17年間でものすごく変化しているようです。

・結婚のきっかけ

25歳までは子供が出来たが半数を、25歳以上では年齢的に適当な時期だと感じた

・平均交際期間

2010年は4.26年、1987年は3.15年と、お付き合いする期間も1年7か月以上も長くなっているようです。

・夫婦が初めて会った時の平均年齢は夫25.6歳、妻24.3歳で、1987年から夫側はあまり変化はないけれど
妻側は1.6歳遅くなっています。

・初婚年齢は1987年 夫側は28.2歳 妻側 25.3歳 で2010年では夫側が29.8歳 妻側28.3歳と、ともに 遅くなっているようです。

出会う年齢が遅くなって、付き合う期間が長くなって、結婚するのが遅くなっているんですね。

面白かったのは恋愛の場合のお付き合いの期間が長くなっていること。

もしかしたら、恋愛=結婚ということが少なくなってきているのかもしれません。

お見合の数が減っているけれど、これはお世話する方が少なくなっているからなのか、個人情報ということもあり、あまりに人の家庭に立ち入らなくなっているからかもしれません。

周りの方の紹介であっても、一つの簡易なお見合いだと思うし、合コンも、合同お見合いの進化版だと思うし。

そう思うと、「お見合いなんか・・」と、区別することはとってももったいない!!

・・・・などなどいろんなことを想像したり、考えたりできました。

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 西条情報へ

蝉の鳴き声とうぐいすの鳴き声


先週末、初めて蝉の鳴き声を聞きました。やっぱり、蝉の声は「夏~!!」ってイメージですね。

今朝も朝からミンミン蝉の鳴き声を頭上に聞きながら会社に来たのですが、蝉の鳴き声を聞くとどうしても蝉のなく姿を見つけないと納得できなくて、上を眺めてしまう私。

きっと、道行く人から見れば、大の大人が木を眺めている様子はおかしいだろうな。。。。と、わかっていながらも、今朝も「蝉見っけ(^.^)」と、とても満足してしまいました。

三つ子の魂・・とは、言いますが、私は自然の中で育って、夏になれば虫取り網と籠をもって、鳴き声のする方、蝶やトンボの飛ぶ畑、バッタがいる草むらを走り回っていたので、きっとその気持ちがずっと抜けないんですね。

ところで、昨日、実家に行くと、蝉の声に混じって、「ほーほけっきょ」とうぐいすの鳴き声が。

梅の花とうぐいすというイメージがあるので、2月から3月のイメージがあるのですが、昨日はちょっとびっくりしました。

母曰く、鳴き声がするので「こんにちわ」というと、なんだか賑やかに話しかけてくる??のだそうです。

そんな楽しみがあってもいいですよね。うぐいす語がわかるなどと、いうつもりはないのですが、そんな小さな鳴き声に耳を傾けている、母の様子を思ってうれしいな・・と、感じました。

きっと、庭の花が咲いていたら、「きれいに咲いてくれた・・」、作物の種から芽が出たら「よく出てくれた・・」と、一つ一つに感謝して、感動しているんだろうと思いました。

普段何となく見過ごしたり、やり過ごしたりしているさまざまの出来事に、本当はとてつもない感動がいっぱいあるのかもしれません。

また、日常におわれて、観察する、耳を傾ける、感じる、そんなことがおざなりになっているのかもしれません。

ちょっともったいないかもしれませんね。

母の言葉の中からそんなことを考えた私でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 西条情報へ

「ナシ婚」より「割安婚」でしょ・・・読売新聞より


最近は式を上げないカップルも増えているため、そんな人向けに比較的割安な結婚式もお目見えしている

とありました。

その中を少しまとめました。

「ナシ婚」 ・・結婚式、披露宴を行わず、婚姻届を提出すること。

「スマ婚」「楽婚」・・・仏滅の日曜日や土曜日の午前中、平日などの空き会場を利用する。提案している企業が違う            そうです。

「スマ婚」「楽婚」は、日取りや料理などの選択肢が限られていることを理解して利用することが重要とのこと。

また、神前式を神社で行えば、奉納する挙式料は10万円前後となるため比較的負担額が少なくてすむのだそうで、披露パーティーを会費制で行うと、負担額はぐんとおさえられる。

最後に、「料金も重要だけれど、知識や経験のある担当者の存在が安心化や内容にもつながる。担当者の質も考慮した方がよい」と、婚礼・婚活ジャーナリストの堂上昌幸さんのコメントで終わっていました。

 

人それぞれの考え方があり、事情があり、世相があるのですが、私は、せめて心に残る何かを記念としてするって素敵なことだと思います。大概の方は一生に一回の一代イベントとして”結婚”がある。

是非、「ナシ婚」の選択をされた方も、せめて自分たちだけの記念でも、何か形に残してほしいなと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 西条情報へ

婚活を始めると・・・元気な気持ちが素敵です


先日、とてもうれしい話がありました。

40代後半の男性が5月にご入会されました。

その方は親御さんがどうしてもというのでしぶしぶ来られたご様子でした。

お話ししていて、あんまりご自身は気乗りしていないな・・と、感じるぐらいでしたが、ご両親のお気持ちを汲み取ってのご入会だったと思いました。

ところが、いざ活動を始めてみると、いろんな女性の方からお申し込みがあります。

すぐ、お見合が成立し、ある女性とお会いすることになりました。

でも、ちょっとお互いに違うということでその話は、ご縁がなかった。

その後、またすぐお見合の設定できました。その方とは、数回会うことになりました。

私たちはお見合後も、その経過をお尋ねしています。

そのとき、その方がおっしゃったこと。

「この前まで、結婚なんか考えてもいなかった自分が、どういう形であれしあわせたまごに入会して、今こうしてお見合に真剣に向き合っています。そして、今の自分でも自身の子供のことを考えてもいいのかもしれない・・とまで考えるようになりました。
また、今まで会社の中に見る女性も同僚としか見ていなかったけれど、会社にも素敵な女性がいたことに今改めて気が付きました。」

と、こんなまとめた言葉ではなかったけれど、お気持ちを教えてくれました。

あのご入会の時では考えられないくらい、前向きな言葉がいっぱいあって、うれしいですよね。

彼はきちんとお相手に向き合っていて、遠距離でも、なるべく会えるように自ら足を運んでいます。

そんな彼だからきっと、良いご縁が彼の元にどんどん寄っていくことと思います。

今度はその先の良いお知らせがここでお伝えできる日が近いと思います。

お楽しみに・・・(^.^)

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 西条情報へ