oyakudati

結婚相手に求める条件

男子と女性の結婚観の差

ピッピ

女性から男性へ

  1. 借金がない、連帯保証人になっていない
  2. 価値観が合う、気が合う
  3. 経済力がある
  4. 健康
  5. ギャンブルをしない

 

男性から女性へ

  1. 価値観が合う、気が合う
  2. ウソをつかない
  3. 借金がない、連帯保証人になっていない
  4. 健康
  5. 優しい

   (NTTレゾナントのgooランキング調べ。男性307人、女性285人)

 

みなさん、どう思われますか?

男性と女性の結婚観の違いが出ているようです。

結婚に対して安定を求める女性。結婚に安らぎを求めているのが男性。

そんな感じがしますね。

自分にとって、「この人だ!!」とインスピレーションで感じる相手にあったとき、
上の条件を一つ一つ削除して若しくは緩和して「この人」を結婚相手と選ぶのか、
上の条件を一つ一つ当てはめて「この人」を吟味して値踏みしてインスピレーションを押さえ込んでいくのか、あなたはどちらのタイプでしょうか?

どちらが、幸せの近道でしょうか。

 

 

 

日本の結婚式の歴史に学ぶ

平安時代~室町時代~江戸時代

ピッピ


日本の結婚式の歴史は古く、「古事記」や「日本書紀」などの書物に登場します。

平安時代には、男性が女性の元へ通う「通い婚」という風習がありました。女性の元へ通いつめた三日目に、お披露目の宴が催されたそうです。これが今の披露宴につながったようです。宮廷では、十二単などの衣裳を着たようです。
室町時代、武家の良家などで、礼作法着衣として引き着物の上に白打掛を着るようになります。これが今の白無垢の原点となります。
江戸時代、一般の家では親類とご近所の方々を自宅へ招いて、皆様の前で結婚を誓い、お祝いの言葉をいただきました。今で言う「人前式」です。
TVなどで見たことのある、お膳を前に盃を交わす新郎新婦は、この人前式のスタイルになります。式の後 家でおもてなしをしたり、ご親族や知人が舞を披露するなどして披露宴をしました。
現代で多く見られる神前式がスタイル化されたのは明治維新後、明治33年の大正天皇の御成婚をきっかけに、神前式が一般の人々に普及していったそうです。

  • サービスのご案内
  • 入会案内
  • 料金表
  • 結婚のお話し
  • 婚活お役立ち情報
  • イベント情報
  • 西条店
  • 広島店
  • 岡山店
  • スタッフブログ
  • 経済産業省認定 個人情報保護団体

    結婚相談業サポート協会

    結婚相談業サポート協会会員

  • BIU 日本ブライダル連盟

    BIU 日本ブライダル連盟

  • IBJ 日本結婚相談所連盟

    IBJ 日本結婚相談所連盟

  • 一般社団法人JBA (日本結婚相談協会)

    一般社団法人JBA

    (日本結婚相談協会)

  •  

    ホームページQRコード

結婚相談所しあわせたまごは、愛媛(松山・今治・西条・新居浜・四国中央市)、広島、岡山を中心に出会い、婚活、結婚を誠心誠意サポートします。